アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「西郷竹彦」のブログ記事

みんなの「西郷竹彦」ブログ


偲ばれる話

2017/08/10 03:01
画像


先日、先生を偲ぶ会が行われました。

一人づつスピーチをすることになったのですが、
胸が詰まって、うまく話せません。
日頃から先生のことを思い出しては、
泣きそうになっているくらいですから
無理もありません。

でも人前で涙を見せるのは恥ずかしい。

なら、おかしな話をして、泣きそうな自分自身も
ごまかしてしまおうと考えました。

先生とのおかしな話はいっぱいあるはずなのに、
こういう時に引っ張り出すのは
だいたい、よくわからない話。

例えばこんな。

先生は麻の帽子を胸に乗せて、ソファに寝転がっていました。
夏の終わりでした。
夕暮れを前に、裏庭では蝉が大合唱しています。

みんみんみんみん

「ああ、蝉ってやつは虚しいなあ」
先生が言います。
「こいつら、たった1日地上に出てきて、それで終わりだ」
「はあ。」
「虚しい奴らだなあ」
「はあ。」
「こいつらなんのために生きてんだろうなあ」
「なんのためでしょうねえ?」
「子孫を残すためってのもあるだろうけど、
地上に出てきて1日じゃあなあ」
「はあ。」
「虚しい奴らだなあ」

先生があまりにも蝉のことを虚しい虚しいというので
別に蝉に恩義があるわけでもないのに、
代わりに先生を問い詰めたくなりました。

「人は違うんですかねえ?」
「人は子孫を残しても、すぐには亡くならんだろう」
そこで、聞きました。
「はあ。すぐにはねえ。でも先生、
人はいくつくらいまでセックスできるんですかねえ?」

すると先生は
「75くらいじゃないの? そのあとはね、なんにも出ないよ。うん」

僕は、先生があっさり具体的な年齢を言ったことがおかしくて
ゲラゲラ笑いました。しかも、最後の「うん」って何に
納得してるんだろうと思ったら、またおかしくなって
ずっと笑い続けました。

先生はといえば僕が笑っているのを傍目に相変わらず
「蝉ってやつは本当に虚しいなあ」
と更に蝉を罵っています。
先生が92、3歳の頃だったと思います。

偲ぶ会で、僕はこの話の
「人はいくつまでセックスが出来るか?」
以降だけ話してしまいました。

出席者の皆さんはなんとなく笑ってはいましたが、
明らかに、朝から先生とセックスの話を聞いて
変な空気になっていました。

いい話するから、もう一回偲ぶ会しようとも言えず、偲ぶ会は終わりました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


こんな夕暮れに

2017/08/02 22:21
画像


お客のいないてれやカフェ。
一人でぼうっとカウンターに座っていると
先生がステッキを突いて店に入ってきます。

「やあ」

帽子を取りながら

「お前がサボってるだろうと思って見張りに来たよ」

そう言いながら、靴を脱いで、靴下も脱いで
土間から座敷に上がります。
「コーヒーをカップに半分」
そう注文して、ソファにねっころがります。
そして僕に向かって、ずいぶん昔から知っている友人のように
人懐っこい顔で微笑みかけます。
「どうだ?」と聞くので、
「・・・別に」とこちらが言い淀むと
「つまらん奴だな」と笑います。

文芸学者である先生は
いつも本を持ち歩いている。

自分でもたくさんの本を出している。

時々「この本読め」と貸してくれようとしますが、
僕が「本読むの遅いんですよ」というと、
「だったら言って聞かせてやるよ」
そう言って、ずいぶんたくさんの話をしてくれました。
その話を自分一人で聞くのは
もったいないから、みんなにも聞いてもらおうと
始めた講座は11回を数えました。
一つのテーマが2、3ヶ月に及ぶものでしたから、
ずいぶんたくさんの時間を
僕らと講座に費やしてくれました。

それまでも僕はこっそり物語を書いたり、
歌を書いたりしたことはあったのですが、
もう、そんな才をまともに取り合うこともなく
ほったらかしにしていました。
でも、先生はもう一度ネジを巻いてくれました。

「最近、何か書いてるか?」

こんな夕暮れ。
コーヒーを飲み終えた
先生はまたステッキを持って
家路につきます。

玄関先まで見送ると
「じゃあな。サボるなよ」と微笑んで歩き出す。
夕日に向かって遠ざかる
その背中はいつまでも広いままでした。

そして、先生は振り返ることなく
そのまま歩いて行ってしまいました。

8月6日の朝、先生を偲ぶ会をしますので
お店をちょっと閉めさせていただきます。

お昼過ぎにはまた開けますので。
記事へ驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


西郷文芸講座のテキスト文庫

2015/05/28 18:30
西郷先生が百關謳カを斬る、
ってことで、
来週木曜6月4日のよる7時半から
西郷竹彦文芸講座「内田百閧フ幻想世界」です!

考えてみると百關謳カ
なかなかまともな
批評をされていません。

確かに百關謳カに何か言ったら
何百倍にして返されそうな…

でも、いまやその心配はありません。
我らが西郷先生と一緒に百關謳カの幻想世界を
紐解いてみましょう。

参加希望の方はこちらの岩波文庫「冥途・旅順入城式」
をご用意下さい。てれやカフェで用意することも出来ますので
そちらをご希望の方はお申し込みの際にその旨お伝え下さい。

画像


画像

晩年の百關謳カ。
大好きなシャンパンを
ストローで吸っていたとか。
いつも同じところに座っているので
後ろの柱はピカピカに。

画像まだまだ元気な西郷先生。
誕生日の時は、焼酎を生地で
舐っていました(←先生曰く。実際は一気飲みのこと)

記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


西郷竹彦文芸講座第11回 「内田百閧フ幻想世界」

2015/05/20 17:48
画像


西郷竹彦文芸講座第11回は
「内田百閧フ幻想世界」です。

郷土岡山が生んだ希代の名文章家、内田百閨B
ユーモラスな随筆から幻想怪奇的な短編小説まで、
その独自の文章世界は今なお読者を魅了して止みません。

百閧ヘ文芸講座でも度々取り上げた夏目漱石の弟子。
漱石全集(岩波書房)の編纂も手がけています。

また、てれやカフェのある牛窓を背景とした
「花火」を始め独自の幻想世界を生み出しています。
内田百閧フ世界を西郷先生と一緒に探って行きましょう!!

日程は

6月4、11、18日の毎週木曜日夜7時半から
受講料は無料です。



講師:西郷竹彦
1920年鹿児島生まれ。 
元鹿児島短大(現国際大学)教授。
総合人間学会理事。 文芸教育研究協議会会長。 
名誉博士(文芸・米国)
著書
『文芸学入門』『ものの見かた・考え方』
『自然と人間』『名句の美学』
『名詞の美学』『啄木 名歌の美学』
『宮沢賢治「二相ゆらぎの」世界』その他
『西郷竹彦 文芸・教育全集』全三十六巻 (恒文社)


お問合せ、お申し込み、会場

てれやカフェ
〒701-4302
岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓4178 
11:30〜20:00 火曜定休
tel 0869-34-5397
Eメール teresa@amethyst.memail.jp
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第9回 西郷竹彦 文芸講座 at てれやカフェ  宮沢賢治「二相ゆらぎ」の世界―世紀の謎に挑む

2014/10/24 19:20
一年間お休みしていた
牛窓てれやカフェ
西郷竹彦文芸講座
復活します。ぜひご参加下さい。
参加費無料。

画像


「第9回 西郷竹彦 文芸講座 at てれやカフェ 
宮沢賢治「二相ゆらぎ」の世界―世紀の謎に挑む」


名作「風の又三郎」には数多くの謎が潜んでいます。 
賢治研究百年の歳月を越え、誰もなし得なかった
その謎解きをひとつのカギで開けてみませんか?
晩秋の牛窓 てれやカフェ、そのカギは置いてあります。

平成26年 11月13日、20日、27日(毎週木) 全3回 
夜7時半から 参加費無料 (資料代別)

講師略歴

1920年鹿児島県生まれ。 元鹿児島短大(現国際大学)教授。
総合人間学会理事。 文芸教育研究協議会会長。 
読売出版賞、厚生大臣賞、東京都教育長賞、その他各種の賞受賞。
『西郷竹彦 文芸・教育全集』全三十六巻 (恒文社)
『名詞の美学』(黎明書房)
『啄木 名歌の美学』(黎明書房)
『宮沢賢治「二相ゆらぎの」世界』(黎明書房)
その他著書多数

会場、お問合せ

てれやカフェ
〒701-4302
岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓4178 
11:30〜18:00(土日20:00) 火曜定休
tel 0869-34-5397
Eメール teresa@amethyst.memail.jp
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


西郷竹彦文芸講座 新年会 in 前島南風荘

2013/12/26 02:14
年明け1月7日火曜日
てれやカフェで開催している
西郷竹彦文芸講座の新年会を行います。

場所は牛窓沖にぽっかり浮かぶ前島。
で、会場は海の幸と安らぎの宿
南風荘」です。http://ww7.enjoy.ne.jp/~bochibochi/index.htm
民宿ですが泊まりません。
お昼ランチ新年会です。
ご都合のあう方は
11時45分までに牛窓フェリー乗り場へ。
文芸講座を今までに受講された方ならどなたでも大歓迎です。

画像


西郷先生と一緒に
牛窓牡蠣ずくしを楽しみましょう。
ついでに牛窓の地酒・上撰☆千寿も…

参加希望の方は年内に
電話0869-34-5397か
メール teresa@amethyst.memail.jp 
までご連絡下さい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


西郷竹彦文芸講座代8回「文豪・夏目漱石 名短編の謎に迫る〜記号の美学」

2013/11/11 00:13
牛窓在住の文芸学者・西郷竹彦先生によるてれやカフェ講座第8回。

画像



才能と理論を持ち合わせた文豪・夏目漱石。
句読点、括弧、棒、点線など、その記号の使い方に注目して
「夢十夜」「永日小品」などの名短編をひも解く。
そこには漱石を文豪たらしめる独特の美学が隠されている!

11月21日、28日、12月5日(毎週木曜日 全3回)

受講料1500円(全3回分)お茶お菓子つき 別途僅少資料代

電話、メールにて受講予約お待ちしております。

てれやカフェ
〒701-4302
岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓4178 
tel 0869-34-5397
Email: teresa@amethyst.memail.jp



記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


復活・西郷竹彦文芸講座「言葉の魔術師・芥川龍之介」

2013/05/15 22:20
多忙な執筆活動と
そのために痛めた肩の
療養のため
しばらく中断されていた
牛窓在住の文芸学者
西郷竹彦先生の文芸講座復活します!
画像


今回取り上げるのはかの天才作家…

画像

西郷竹彦文芸講座第7回
「言葉の魔術師 芥川龍之介」


言葉に対する天賦の才を見せつけた芥川龍之介。
才能だけを頼りに書き続けた彼の魅力とその限界に迫る!

日時 6月6日、13日、20日(毎週木)全3回 19:30〜21:00
(時間・日時が難しい方はご相談ください)

会場:てれやカフェ(瀬戸内市牛窓町牛窓)
料金:1500円(お茶菓子代込み)

申し込み・お問合せ:
てれやカフェ tel 0869-34-5397
       mail: teresa@amethyst.memail.jp

とても興味深い内容です。
皆様のご参加お待ちしております!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「西郷竹彦」ブログ

tereya 西郷竹彦のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる